本文へスキップ シートヒーター

自動車用・バイク用シートヒーター専門店

自動車 バイク シートヒーター トモカーズ・スタイルネットショップです。12V専用シートヒーター 社外シートヒーター 後付けシートヒーター 後付シートヒーター 自動車シートヒーター バイクシートヒーター グリップヒーター アルファードシートヒーター プリウスシートヒーター ヴェルファイアシートヒーター エルグランドシートヒーター オデッセイシートヒーター シートカバー専用シートヒーター シートヒーター埋め込み シートヒーター 自動車 バイク シートカバー シートヒーター取付 シートヒーター取り付け ヒートシーター バイクシート 自動車シート シートクーラー シートバンチレーション シートマッサージャー シートバイブレーシ

お知らせ

TC-STYLEは自動車用シートヒーター専門ショップです。

TC-STYLEへようこそ。

シートヒーターは本革シートの高級車にしか付いていないイメージが多いですが、最近では燃料の高騰などにより電気自動車の普及に伴い、電力の消費が激しいエアコンよりも、消費電力の少ないシートヒーターが普及してきました。しかしフィットHVやヴィッツなどのコンパクトカーなどは上位モデルのみオプション設定されており、主流のグレードにはオプション設定がないのが現状です。また、上位グレードを購入したからといって後付けする事はできず、新車注文時にメーカーオプションを選択して注文すること以外は、後で欲しくなっても取り付け出来ません。
本来、シートヒーターはシート内部へ取り付けますが、軽自動車やコンパクトカーなど、一部の車種でシート生地と中のウレタンが糊付けされており分解出来ない様になっている物もあります。その場合は純正や社外のシートカバーを用いて取り付けるとこが出来ます。

温暖化と言われていても年々寒さが増してくるのは年齢を重ねたせいなのかも知れません。シートヒーターは軽トラックからコンパクト、ミニバン、ワゴン、商用トラックまで幅広く取り付けが可能です。シャワーを浴びている様な感覚のエアコンの温風とは違いお風呂に浸かっているかのように体を芯から温めます。 弊社のシートヒーターはシート生地の中へ取り付ける事は勿論のこと、糊付けシートなどで内部に取り付けが出来ない車種でもシートカバーの下に敷いて使用する事も可能です。革調のシートカバーなど、厚みのあるシートカバーでも体を確実に暖めるように切り替え式のスイッチを採用しており温度調整によってシートカバーの下に敷いて使用する事を可能にしています。また、金網の様な熱線を採用しシート生地下へ取り付けする際もウレタン内部の金具へ固定する部分が邪魔にならない様に穴を開けて取り付け出来ます。これにより従来のフイルムタイプのシートヒーターの欠点を無くし、ヒーターパッドの大型化に成功しました。まさに、パーフェクトなシートヒーターです。

こんな人にオススメ!

  • 冬場の暖気運転が面倒、通勤時間が短く温風が出る前に着いてしまう。
  • 車内の乾燥を防ぎ、肌やノドを痛める心配を低減出来ます。
  • 新車注文時に上位グレードしかオプション設定されていない。
  • エンジンスターターの取り付けが出来ないので暖気運転できない。
  • エアコン温風の風が苦手、ワゴン車など車内が暖まるまで時間がかかる。
  • 商用車や軽トラックのビニールシートは座る時が冷たい。
  • 電気自動車など消費電力の大きいエアコンシステムより消耗を抑えたい。
  • 微妙な季節などでもオープンカーで快適にドライブしたい。
  • 雪が降るとフロントガラスの曇り取りに重点をおくので体が寒い。

冷える季節に大活躍

  • 寒い季節や朝晩の冷える時期にスイッチONでシートが暖まり快適生活ができるヒートシーター。
  • エアコンより素早く体を温めます。
  • 埋め込みスイッチは、インテリアを損なうことなく平らの面なら取り付け位置や場所を選びません。
  • シガーソケット電源仕様の商品とは一味違うパーフェクトなシートヒーターです。